与一野のしだれ桜よしちののしだれざくら

開花は例年4月上旬~中旬頃。高さ約12m、枝は左右に約9メートルほどに広がる広島県屈指のしだれ桜。小高い丘の上に、大地を包み込むように佇む雄大な姿に誰もが息を飲みます。樹齢は約70年。昭和15年(1940年)皇紀2600年奉祝の記念樹として植えられたものと言われています(※皇紀とは:神武天皇即位の年を元年とする日本独自の紀年法)。 大河ドラマ『平清盛』でもおなじみ、屋島の源平合戦で有名な「那須与一」が鎌倉幕府から西国に送られ、晩年にこの地で田畑の開拓をすすめたことから、このあたりを“与一野”というようになったようです。「那須与一」の墓と現地の人々の間では言い伝えられている宝篋印塔も近くにあります。

詳 細

シーズン 開花時期 例年4月上旬~中旬
場所 広島県山県郡安芸太田町大字寺領1619
お問合せ 安芸太田町観光協会 TEL 0826-28-1800
安芸太田町商工観光課 TEL 0826-28-1961
注意事項 私有地の為、遊歩道以外への立ち入り、ごみのポイ捨てや路上への長時間の駐車などはお控えいただきますようお願いいたします。
駐車場 なし
アクセス
【戸河内ICから約12分(約4.5km)】[→★ルートを見る]
戸河内ICを降り国道191号線を約1.5km(約3分)直進、発坂トンネル手前で左折し、300mほど進んだところで右折し県道305号線へ入り、道なりに2.5km(約7分)ほど進む。「寺領老人集会所」付近の駐車案内に従って駐車して下さい。

桜満開!おすすめお花見スポット♪

安芸太田町 桜 お花見スポット

 Google Map